2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012年06月02日(土)

5月26日のお庭。お花が増えましたよー。

前回の記事『5月5日のお庭。お野菜やお花を植えました。』の続きです。

先週末のお庭です。

お花を少し増やしました。寄せ植え。
20120602-1.jpg
旧居のベランダガーデニングで使用していたプランター。
もっと可愛いのを買おうっと♪

フランネルフラワーは、可愛い鉢を買ったので、植え替えました。
20120602-2.jpg

そうそう。突然出会って一目惚れしちゃったフランネルフラワー。
オーストラリア原産という事はだいぶ前の記事でご紹介しましたが、オーストラリアのお仕事関係のおばさまに聞いてみました。フランネルフラワーは野生の花で、昔は摘んではいけないお花だったんだそうです。現在、オーストラリアではとても有名なお花だそうです♪見たことなかったな~。

ちなみに、オーストラリアのお庭は、芝生が全体に生えていて、ヘッジは日本のような塀ではなく、落書きができないように木を植えて定期的に剪定しているおうちが多いそうです。道路側には背の低い木を植えたりしてお花は植えず、内庭に植木鉢を置き、ハーブやお花を植えるんだそうですよ。イタリアのお庭は、道路側から見えるところに堂々とお野菜が植えてあるおうちが多いそうです。ふ~ん。って聞いてました。おしゃべりなおばちゃん。(笑)あと、イチジクとか、モンステラという南国の植物?も、根がとても強く張るのでおうち(建物)の近くに植えない方がいいんですって。建物にひびが入っちゃう可能性があるとか。

ちょっと余談が多かったですが、その、日本でも手に入るようになったフランネルフラワー。岐阜県限定で栽培されているんだそうです。フランネルフラワーの種を入手して種から育ててみたいと思っていたので、岐阜出身の知り合いに頼んでみました。すると!フランネルフラワーは、素人が種から育てられる品種ではないと園芸屋さんから言われたそうです。しかも、半年間の訓練?を受けた人だけが種から苗に育て、出荷しているということでした。そんなお花、あるんですね~。なので、岐阜であっても、素人が種を入手するするのは不可能なんだそうです。今育てているフランネルフラワーから種が取れないかしら・・・!?ちなみに、その知り合いの岐阜のご実家のお庭にもフランネルフラワーがあったそうですよ。岐阜では数年前から人気なんだそうです。

偶然、身近な知り合いがフランネルフラワーの共通点を持っていて、なんかちょっとご縁を感じてしまったぞ!^^

さてさてお次は~。バラです。母がくれました。
お花がもうクタッとなってしまっていますが。
20120602-3.jpg
私に育てられるのでしょうか・・・。

そしてプチトマトたち~。だいぶ大きくなりました。
20120602-4.jpg
写メ、ブレブレだね。

トマトさんですよー。
20120602-5.jpg
真っ赤になって、あま~いあま~いトマトに育ってね。

今は、脇芽を取って、挿し木にして、増えろ増えろ~と念じていますよ。
ホント、挿し木って不思議。なんで根っこが生えてくるのかしら。

そして、これまた母にお裾分けしてもらった、おねぎを植えました。
20120602-6.jpg

お野菜系は、道路側から見にくい場所に植えていますよ~。


そしてそして!いちご♪
20120602-7.jpg
オープンハウスの時に、ビルダーさんに頂いた鉢植えだったものを、地植えしました。
そして、藁を敷きましたよ。この藁も母からもらいました。

そしたらどんどん葉っぱが元気になり、ツルも伸びてくる伸びてくるっ。
20120602-8.jpg
これも、ツルの芽を増やして、いちご増やすぞー!

目指せ!ベリー農園♪

つづくっ。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:39  |  ガーデニング  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。