2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012年01月22日(日)

折れ戸のツマミの位置決めました。

先日の記事、「苦手な折れ戸の使い方教えて下さい。」では色々とアドバイスありがとうございました。

今日、現場に行って、折れ戸の取っ手・ツマミを決めてきました。

我が家の折れ戸はこちらです。パネルが4つ。
2012_0122_140942.jpg

床部分の溝があったらどうしよ~!と心配していましたが、我が家も吊り戸タイプだったので安心しました~。上部にスプリングみたいなのがついていました。
2012_0122_141624.jpg

まず、ハンドルタイプかツマミタイプかについては、これは夫が絶対ツマミだよ~。って言うのでツマミにしました。ハンドルタイプだと、開ける時に手首が変な風に曲がっちゃうらしい。(笑)まぁ、慣れればどちらでもいいのでしょうけれど、我が家は合計4つつけるので、うるさくならないためにも、ツマミタイプにしました。

さてさて、では、開けてみましょう~。
2012_0122_141634.jpg
開けるときは、外側の扉にツマミがあった方が、引っ張って開けやすいって結論に至りました。


2012_0122_141812.jpg
開ける時に関しては、ツマミが内側の扉(上記ブルーの位置)についていると、ツマミを押しながら開けることになり、それはそれでいいのですが、押して開けるより、外側の扉(上記ピンクの位置)から引っ張って開けた方がやりやすそうって程度です。^^;

そして、閉める時。
2012_0122_141812 - コピー
閉める時に関しては、扉の外側(ブルーエリアのどこか)にツマミをつけて、押して閉めるより、トムソーヤさんたちのアドバイスの通り、中心(ピンク部分)にツマミがあった方が、引っ張って閉めやすいという結論に至りました。他の方がおっしゃる通り、普通に扉自体を押して閉めても全く問題ないのだけど、ツマミを使って閉める、より使い勝手を考えたら、やっぱり中心かなぁ~って感じました。

よって、我が家のツマミの位置は、こちらの4か所になりました。
2012_0122_141812 - コピー (2)

ツマミはこれから選びまーす。
ガラスっぽいのか、ゴールド系(ドアノブがゴールド色だから。)になるかな~。

折れ戸のメーカー、素材、仕様によっても異なると思いますので、もしお悩み中の方がいらっしゃいましたら是非一度試してみて下さい☆

先日の記事でアドバイス下さったみなさま、どうもありがとうございました!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:58  |  窓・ドア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

やっぱり試して決めると一番いい場所がわかるし、いいですよね!!
白いドア、かわいいわ~

白いドアには丸いつまみ、似合うでしょうね!!
ガラスのつまみ、私も使いたくて探してました~ゴールドも捨てがたい!!
いつもながら、いちごさんは私の趣味をよくご存じで(^_^;)
のり | 2012.01.23(月) 11:36 | URL | コメント編集

●のりさま

ほんと、多少時間がかかっても試すのが一番だと思いました。
そして今回の折れ戸の記事を書いて、私以外にも折れ戸の不便さを感じている方がいるんだーと思って、なんだか安心しちゃった。(笑)
ガラスのツマミ、けっこういろんなところで通販してますよっ。
我が家はガラスじゃなくてプラスチックにすると思うけど。^^デザインと価格重視で~。
でもやっぱりドアノブと合わせてゴールド色もいいな~。どうしよどうしよ。
いちご | 2012.01.23(月) 12:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://welcometoichigohouse.blog137.fc2.com/tb.php/351-d0383785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。