2011年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年06月27日(月)

明日の事。未来の事。

明日、と言ってももう明けて今日ですが。
インターデコハウス本部から、夫に連絡があります。
我が家の今後についてです。
フランチャイジーがこういう事態になった場合の、フランチャイザーである本部としての対応が、結果がわかります。

ビルダー社長自らお手上げ宣言したのですから、このような事態に陥っているのは、私たちだけではないはずです。
そこと契約した全ての施主さまが、今、私たちと同じ思いをしているのではないでしょうか。
この、大変な事態を、本部はどう考えておられるのか、明日わかるはずです。

インターデコハウスのホームページに掲載されている、完成保証。
法的にはどうかわかりませんが、とても安心感のあるような内容に感じました。
本部が、各加盟店にこの完成保証を義務付けていると書いてあるのですから。
私のブログにも、「完成保証があるから大丈夫なはず」というような内容の励ましのコメントを下さった方々もいらっしゃいますので、そう感じたのは私たちだけではないはずです。
実際はどうなのでしょう?

インターデコハウスで建てられた方、この証書はもらいましたか?
事前にその保証内容につき、説明がありましたか?

6月4日の日に、私たちは、ビルダー社長から、その証書なるものを初めて見せられ、初めて約款を読み、その内容にとても驚かされました。何より、事前説明は一切ありませんでした。約款には、事前に施主に説明するように書いてあるのに。・・・着工前だと、最大50万円しか保証されないって、どういうことですか???しかも倒産しないとその保証はなし。こんな手薄い保証で、完成保証と大々的に謳っているのって・・・。これって完成保証って言えるのでしょうか???
しかも、完成保証に入っていない施主さんもいらっしゃると聞きました。
こういうことを本部は各加盟店にSVを設置しておきながら、管理されていないのでしょうか?


ビルダー社長に今月6月4日に、インターデコハウスで建てられないかもしれないと言われて以来、私たちの生活は、一転しました。

想像してみて下さい。
2日後から、待ちに待った基礎着工が開始するはずでした。
その日は、仕様の最終打ち合わせという名目で事務所に呼ばれていて、私はそれまでとてもワクワクしていました。しかし実際事務所に行ってみたら営業さんはおらず、社長自ら出てこられ、お手上げのご事情をご説明されました。

それが今もなお、現状として、6月4日と何の変化もありません。
何も進捗していません。
我が家の土地は、地盤改良をしたまま、放置されています。
返金されるはずのお金は、まだ戻ってきていません。

私たちの将来はどうなってしまうのか、わかりません。
デコで建てられないかもしれないという可能性。
この3週間かけて、それを私自身受け止めなければならず、本当に苦しかった。

私たちは、もし返金されなかったら、という事も考えなければなりません。
我が家にはもう予算はありません。
普通のサラリーマン夫婦ですから。お金がわいて出るはずもありません。
私も、将来の子供の事がありますので、いつ仕事を辞めなければならないかわかりません。私の収入などあてになりません。
戸建てはあきらめるのか、土地をどうするか、マンションにするのか、そんなことは想像したくもありませんが、仕方ありません。これが現実です。

こういういっぱいいっぱいの中、少しずつ節約しながら、僅かな現金を貯め、家を建てると言う大決断をしたんです。きっと皆さんもそうではないでしょうか。
それなのに、こんな仕打ちってありますか。


私たちがこのような事態に陥って以来、本当にたくさんの方からブログ上で公開・非公開問わず温かい励ましのコメントを頂き、直接メールを下さったブロ友さんたちもいらっしゃいました。また、インターデコハウスにご興味をもたれ、私たちの今後がどうなるか、他人事ではなく心配なさっている方もいらっしゃると思います。既にインターデコハウスで建築中・完成して既にお住まいになられている方もいらっしゃいます。

このブログを見て下さっている方々に、同情を願っているわけではありません。
ただ、多くの方に、この事態を知ってほしい。
そういう意味で、私は最近のブログでは、最後にみなさんに日本ブログ村のクリックをお願いしていました。そうすれば、こんなブログですが、より多くの方の目に留まり、私たちの置かれている現状を知ってもらうきっかけになる、そう思ったからです。

以前返信コメントでも長々と綴らせて頂きました通り、このブログは、私たちのおうちができるまでの記録として、また、今同じ目的を持っている方々との情報共有として、そしてマイホーム購入を検討している方へ、情報提供・情報共有として今までやってきました。

我が家にとってこの大変な事態。

この事態を、微力ながら、インターデコハウスで検討されている方々、契約して、建築されている方々、既にお住まいの方々の情報共有の場とさせて頂ければと思っています。インターデコハウスで検討している方以外でも、フランチャイジーと契約を考えている方には参考になるのではないでしょうか。そういう意味でも、事実は事実として、この場を通じて、これからも可能な範囲で情報は発信していきたい、そう思っています。それは、私たちも今まで、多くのマイホーム先輩方が情報提供して下さったお陰で、今に至るからです。

結局このような事態にはなってしまいましたが、この事態を自分たちの中だけで終わらせるつもりはありません。

夢のマイホームというくらいですから、普通は一生に一度あるかないか。
買う側は、未経験の手探り状態の中で、初めてだらけのことを色々な情報を参考に動かれている方はとても多いと思います。だからこそこういう情報が必要だと思っています。

土地を購入した時から私はよくブログを通じて訴えていました。
結局は、"素人対プロ"なんです。
素人はもちろん私たち施主側です。
不動産・建築の専門知識・法律は、到底プロに敵うはずもありません。

なぜ、一生に一度の大金を使うこの大プロジェクトに、涙する人が多いのでしょう。
トラブルが多いのでしょう。
トラブルに遭われている、遭われていたブロ友さんの多い事。

大金を使うのですから、私たちは常に笑顔であるべきです。
近い将来を夢見て。
どうしてうまくいかないのでしょう。
どうして大金を使って、わざわざ悲しい思いをしなければならないのでしょう。


今日は私の35回目の誕生日。

私の両親には土地のトラブルに遭った時から、ずっと心配を掛けっぱなし。
これ以上心配を掛けたくない。

お祝いなんてする気持ちの余裕などないけれど。
ただ、どん底の一日になりませんように。それだけです。


・・・本部からの良い回答を願って、今日は休むことにします。


是非、応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
01:37  |  建築トラブル  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。