FC2ブログ
2011年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2011年01月25日(火)

洗面室の間取りに、ちょっと待った!

もう意匠図の図面に取り掛からなければならない段階で、間取り図を見ていた時にふと。
洗面室のレイアウト、ホントにこれでいいの!?と疑問が。

我が家の洗面室間取りです。
110125_2036~01
洗面室の西側にはおトイレ。東側にはオフロがあります。
扉は西側と南側についていて、ダイニングからも西側のおトイレからも入れるようになっています。

洗面室内は、左から、洗面カウンター・可動棚・洗濯機と並べています。
洗濯機の上部には上げ下げ窓がついています。


なぜ、ちょっと待った!と思ったかというと、洗濯機の上部にせっかく採光が得られる窓が付いているのに、その隣に全面可動棚が置いてあったら、洗面カウンター側は、せっかくの採光が遮られちゃうじゃない!!!と思ったからです。

私、この平面図だけでは実際どんな感じになるのかよくイメージできず、こういう時はいつもラフに絵を描いてイメージします。

(また、ヘタクソな絵かいっ。て思わないでください。笑)


先ほどの平面図のイメージ図を殴り書きしてみました。
110125_2036~03
ほら、やっぱり。洗面カウンターが、暗そう。。。
照明だけに頼るか。。。
でもこのレイアウトのいいところは、
①おトイレから洗面室に入るとすぐ洗面カウンターがあり、使いやすい。
②来客が来て洗面室を使っても、洗濯機が隠せる。
(カーテンつけられますよねっ・・・でも、カーテンを閉めると窓まで隠れちゃう。)
③可動棚にリネン類がたっぷり入る。

他のレイアウトを考えてみるか。。。
可動棚・洗面カウンター・洗濯機の順にレイアウトを変えてみた。
【代案その1】
110125_2036~02
このレイアウトのいいところは
①採光がとれる。
②可動棚が隅にあるので、見通しが良くすっきり広く見える。
悪いところは
①洗濯機が隠せない。
②オフロに入る時、リネン類が反対側にあるので、どちらかというと不便。
③おトイレ後、洗面カウンターを使うのに、真ん中にあるからどちらかというと不便。左側にあった方がよい。

う~~~ん。なかなかいい案がない。
デコ営業さんに相談してみると、窓は洗濯機上部ではなく、洗面カウンター上部にして、洗濯機はカーテンで隠し、カウンターを広くしたら?と。
なるほど!!!窓は洗濯機上部じゃなくてもいいのか。

というわけでいきついたのが、
【代案その2】
110125_2037~01
このレイアウトのいいところは
①洗濯機が隠せる。
②採光が取れる。
③おトイレ後、洗面カウンターが手前にあるので使いやすい。
④洗濯機上部に棚を作って、洗濯用洗剤や柔軟剤を保管できる。
⑤洗面カウンターが、ちょっと広くなった。
悪いところは
①リネン類を入れる可動棚が小さい。
②採寸もせずいい加減に殴り書きしたので、そもそもこのレイアウトが寸法上可能なのか不明。

何を優先すべきか、ですよね。
代案1は、見た目は良くても使い勝手が悪そうなのでやめようかなと。(わかんないけど)

とりあえず、上記をベースに設計の先生がラフプランを考えてくれることになりました。

もう意匠図作成に取り掛からなければならないのに、突然こんなことを申し入れ、デコ営業さん困っちゃったと思います。すみません。
でも、この間取りで何十年も住むとなったら、やっぱり黙っちゃいられませんでした。

許して。。。

間取りに興味のない夫に話したらきっと、どれもいいじゃん♪とか言われるんだろうな。。。


ナイスアイディア募集中です!

****************

余談コーナー

昨日の、鎧戸日記を見た夫のつぶやき。
(ニヤニヤしながら)
「鎧戸の絵、前より上手くなったじゃん。クルリンはちぢれ毛みたいだけど。線が入ってて、上手くなった上手くなった。あはは!」
「最近ブログの内容が、くだけてきたね~。ブログに慣れてきたんじゃないのー?」
「鎧戸の画像、”アップ”って書いてあるけど、全然アップの意味ないじゃん。最初の画像を近くで見るのと同じだよ。」


なんだよその上から目線。

「そんなこと言ってないで、いちご夫としてコメント残してよ~。」

「やだよ。恥さらしだから。はいはい、じゃぁ拍手しといてあげるから。はい、拍手ぅ~。」

・・・前回の日記に拍手してくれたのは、うちの夫です。(汗)

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



22:05  |  間取り  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |