2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年02月08日(火)

土地金消契約締結~っ

本日借入先銀行で、口座開設し、土地の金銭消費貸借契約を締結してきました。

私は解体業者との現地立会いがあったので有休、夫は午後半休を取りました。
口座開設は私が夫の分もできるけど、金消契約は借入する本人がいないとダメなので、出張を延期してムリムリ取っていました。この時期は土地引渡しなども平日且つ朝から午後までかかる為、会社を休まなくてはならないので、ちょっと大変そうです。

私はちょうどお仕事が落ち着いているので有休が取りやすくいいタイミングでした♪
やっぱり平日の有休っていいですね♪
好きなところで好きな時間にリーズナブルなランチが楽しめる♪

話を戻します。
私も土地持ち分はあるのですが、割合が少ない為、現金払いにしました。
借入本数を減らして諸費用を減らす為です。従って土地の借入れは夫だけ。
私よりも早く、ローンレンジャーです。
私は土地借り入れをしないので、全体の借入本数は3本です。
(夫は土地・建物の2本。私は建物の1本。)

口座開設・金消契約では、住所や氏名を書く書類、捺印する書類が多すぎて、指が痛くなっちゃいます。
捺印なんてあまり慣れていないから、変な所に力が入っちゃって、ちょっとの間、指がヘコんじゃっていました。

なにはともあれ、金消契約無事締結完了♪しました。


一歩一歩。前進です!!!


まだ日取りは確定していませんが、来週、土地の決済・引渡しの予定です。
・・・また有休取らなければなりません。

それよりも憂鬱なのが、土地引き渡しの際に、また大嫌いな不動産屋と顔を合わせなきゃならないことです。
考えるだけでどんより気分になってしまいます。
もう、アレルギーみたいです。。。

不動産屋アレルギー。処方するお薬はあるのかしら・・・。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:26  |  住宅ローン関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011年02月03日(木)

実は本融資承認ヤバかった・・・

昨日のブログ本融資承認ギリギリ間に合ったーっ!の続きというか補足というか、裏話です。

こんな事態に遭った方もいらっしゃると思い、ご参考までに掲載することにしました。

借入する銀行さんからは、面談した際に、本融資承認もすぐ通りますよ♪と言われていて、ビルダーさんも私たちも安心して、フンフ~ン♪と、気楽に1/22に本融資の申し込みをしていました。これなら1月末の土地融資承認期日も問題ない、と。

が、しかし!!!

申し込んだ翌日、問題勃発。

銀行さんの保証会社から、私の夫の、「戸籍の附票」を提出するよう要請があったとの事。銀行さんからビルダーさんに連絡があり、ビルダーさんから夫に電話がありました。

なにそれ?

よくよく聞いてみると、平成○○年○月に、東京都板橋区在住の、夫と同姓同名の人物が、事故を起こしたとのこと。(借入れたけど返済できず問題起こしブラックリストに載ったとか、そういうことらしいです。)

まさか!!!
うちの夫がその本人じゃあるまいか!?


・・・と、かなり不安でしたが、夫はそんなはずはないと言ってるし、住んでいたのは板橋区じゃなく、その隣の区。(ビミョー)

今までローンを組んだと言っても、唯一、大学の奨学金の借入ぐらいだと。
(ちなみにその奨学金。今でもボチボチ返済していますが。結婚するまで私はその数百万の奨学金借入の事実を知らず、結婚後、大ゲンカししました。だってそのお金で女の子とおデートしたりしてたんですよ、きっと。チッ!

カードもあまり使った事がなく、分割払いをしたのも、入社したての時に買ったタグホイヤーの時計と、自分でパーツを選んで買うDELLのパソコンだけだそうです。
(夫は、アキバ系PCオタクです。)

こんな事書くと、また夫から、いらんこと書くなと言われそうですが。(笑)

そんな夫も、「自分の事ではないはずだけど・・・」と、いつも穏やかで落ち着いている夫なのに、いつになくとても不安がっていて、夜もなかなか眠れなかったようです。
(私はグッスリおやすみでしたが。笑)

ちょうど、私たちが赤坂での演奏会を聴きに行った時の事でした。
あの時、実はテンヤワンヤの事態だったのです。

なぜ戸籍の附票が必要だったのか。
その事故扱いになっている、夫と同姓同名の人の情報には生年月日の記載がなく、夫とは違う人物だという確認が取れない。従って、戸籍の附票で、夫が板橋区に住んでいない事を確認する必要があった為です。

戸籍の附票を取得するのは、本籍のある九州の市役所に郵便で申し込み、郵便で返送してもらう必要があります。

もう、既に1/23。

融資承認期日は1/31。

速達で送り、返送してもらったとしても、融資承認が間に合うかギリギリの線。1週間の勝負。

少しでも時間短縮させる為、夫が市役所に電話し、附票を直接銀行に返送してもらえないか問い合わせたところ、OKとのこと。

これで1日短縮できた!

そして私は仕事の合間を縫って、近くの郵便局へ行って、周りの指示通りに市役所へ申請書と定額小為替を速達で送ったのでした。

その間も、ビルダー社長さんと銀行さんも密に連絡を取って下さって、見事な連携プレーで、1/31の承認期日に間に合ったというわけです。

そういうこともあって、前回のブログでは、借入関係は、間にビルダーさんに入ってもらった方がよいと記載しました。

というわけで、土地だけでなく、住宅ローンでもひと波乱あった私たち。

我が家、本当に無事に完成するのかしら。。。

っていうか、ホント大迷惑だよ~、その同姓同名の人。

確かに、よくある姓ですが、夫の名前は滅多にないと思っていたのに。不運でした。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
20:18  |  住宅ローン関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011年02月02日(水)

本融資承認ギリギリ間に合ったーっ!

土地売買契約で、本融資承認期日が1月末であるにもかかわらず、のん気に借入先比較をしていた私たち。
デコ営業さん・社長さんにもサポートして頂き、連携プレーでギリギリセーフで承認が間に合いました。

当初、私たちは、借入先をメガバンクで検討していました。
最終的に3行に絞って検討していたのですが、どこも優遇金利は一緒だし、似たり寄ったりの条件でよくわかりませんでした。

のんびり検討している私たちを見るに見かねてデコ営業さんが、比較表を作って下さいました。
私たちの検討している3行+ビルダーさんがお取り引きしている銀行1社で。

①優遇金利:全て同率。(我が家は全期間変動金利にしました。)
*****
余談:
この住宅ローンの金利、日本は本当に低金利だと思いました。
変動の店頭金利は2.475%ですものね。
先日、シドニー(オーストラリア)のスタッフにその話をしたら、金利7%だと言っていました!!!
びっくりです。
*****

②三大疾病特約:全て同率0.3%上乗せ。(でも特約付保しない事にしました)

③保証料(100万円あたり):どの銀行も20600円ぐらいで数十円の違い。

④繰り上げ返済手数料:全て0円。

⑤保証会社事務手数料:

A銀行:94500円
B信託銀行:42000円
C信託銀行:63000円
D銀行(ビルダーさんおすすめの銀行):94500円
唯一この手数料だけ各行差がありました。

デコ営業さんから、
「D銀行さんにお話ししたら、”是非うちで!”とラブコールがありましたよ~♪」と。(笑)

ビルダーさんはD銀行にいつも無理聞いてもらったりお世話になっているので、D銀行にして頂けたら、保証会社事務手数料の一番安いB信託銀行との差額5万円は、うちの工事費から値引きしますよ、と言って下さいました。

あら、そぉ???(笑)

見たところ、どこも殆ど同じ条件なら、ビルダーさんにとっても私たちにとってもHAPPYな、D銀行にしようということになりました。

ローン条項期日も迫っているので、D銀行にすれば、いつもお付き合いのあるビルダーさんですから手続きもスムースに進みやすいというメリットもあり、実際、その連携プレーのお陰で、無事承認が下りました。

営業さん、そしてビルダー社長さんも、色々サポートして下さってありがとうございました。
ビルダーさんにお手伝いしてもらうまでは、個人で各銀行とやりとりしていましたが、最初からビルダーさん(もしくは不動産屋でもいいと思いますが。私は契約した不動産屋が信用できないし、大嫌いなので、絶対に不動産屋の世話にはならないと思っていました。)に仲介してもらった方が、トントン拍子に進んでよかったのになぁ~と感じました。
でも色んな銀行さんとやりとりして(当初、8行ぐらいから検討していました。)、いいお勉強になりました。

あとはD銀行で給振用に口座開設したら、不動産屋とも日程調整して金消契約して土地引き渡しです。

やっと、もうすぐで大嫌いな不動産屋と手を切ることができる!!!
あ、なぜ不動産屋が大嫌いなのか、まだ日記に書いてなかった・・・。
だって思いだしたくもないんですもの。(T.T)


無事土地引き渡しが済みますように・・・応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
20:57  |  住宅ローン関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011年01月14日(金)

住宅ローンどうしよう・・・

現在、いくつかの銀行で検討していますが、今週末には借入先銀行を確定しなければなりません。

我が家は全期間変動金利で借り入れる事にしました。

夫と私両名義での借入ですが、私が将来的に出産し退職することを考慮して、持ち分は私の方が少ないです。

比率は、こんな感じです。

土地 夫8:私2

建物 夫5:私5


夫の勤務先と私の勤務先の住宅手当を比較すると若干差があって、私の勤務先の方が少し手当の額が大きいんです。

その手当を受けるための条件は、土地の持ち分は関係なく(借地権の家などもあるからだそうです)、建物の持ち分が50%以上であることと世帯主である事。

その為、建物に関しては5:5の半々にしました。

結婚後の生活費は、私がいつ退職しても食べていける生活レベルを保てるように、全て夫のお財布から出していました。

・・・なので、私の収入は全て自分のお小遣い。(笑)


その為、頭金(といってもスズメの涙ほどですが)も私の方が多い為、私の借入額が少ないって事です。


夫よ、がんばって働いておくれ。。。


話は戻って住宅ローンについてですが、どこの銀行も優遇レートは夫・私共に同一レートの1.6%優遇
なので現行金利だと、0.875%です。
条件はほぼ同じ。
どこがいいんだかさっぱりわかりません。

繰り上げ返済の手数料がかかる銀行とかからない銀行がありますので、それはかからない銀行に決める予定です。
あとは、つなぎ融資が受けられる銀行と受けられない銀行がありますが、試算してみたところ、どうやらつなぎ融資は必要なさそうなので問題なし、ということになりました。

あとは、普通に銀行側が付保する団信に、3大疾病8大疾病特約をつけるかどうかが悩ましい。。。

これをつけるだけで優遇レートが0.3%ほど減ってしまうのです。
つまり、1.3%優遇になっちゃう。


みなさんどうされているのでしょうか。。。
どう決めているのでしょうか。。。


どうやって借入先を決めればいいか、いまいちよくわかりません。。。


とはいえ、私は数字に疎いので、借入関係は全て夫主体で検討してもらっておりまーす。

さて、間取り考えなくっちゃ!(笑)

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
20:40  |  住宅ローン関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。