FC2ブログ
2020年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011年01月07日(金)

土地探し(その3) 建築条件を外す

土地の話を書こうと書こうと思いつつ、けっこう長くなってしまうし、苦い経験だったので、なかなか土地に関してはブログUPできていませんでした。

というわけで、1か月ぶりに続きを書きます。
土地探し(その1)

土地探し(その2)
の続きです。

昨年2010年4月末の話です。

とても気に入った土地だったけど、建築条件付きだった物件。
工務店の建物はかなり質の良くないもののように感じました。これでは建築後のメンテナンスコストがかなり嵩むだろうなと、素人目でも感じました。

紹介してくれたR不動産の営業は30代ぐらいの女性Mで、私の苦手な、キツめでサバサバした大雑把な感じの女性でした。
電話で、建築条件を外せるのかさりげなく聞いてみましたが、そんなこと考えられません、というようなスタンスで対応されていました。
建築条件を外すなら、今の価格に600万円ぐらいは上乗せしないとダメですね、と。(以前は、ざっと数百万円と言っていたのに。)

600万円!?

私は、一般的な値上げ幅がわからなかったのですが、建築条件付きの価格にどれだけ不動産屋がマージンを乗せているのかは知りませんが、建築条件を外し、ただ土地を横流しするだけで、最低600万円もマージンを取るなんて酷すぎると感じました。

このR不動産は、大手フランチャイズ加盟店です。

今までも色々と他の同じフランチャイズ加盟店と連絡を取り合っていましたので、そのうちの何店舗かの営業さんに電話をしました。
同じフランチャイズ加盟店とはいえ、他店の土地購入を考えているのに、相談するなんて失礼だとは思いましたが、R不動産の女性営業Mには、他のお客さまもいるので…と煽られるし、時間的にも精神的にも、そんな失礼とか考えている余裕はありませんでした。
他社に決められないよう、本当ではないことも含まれているかもしれませんが、他社の営業さん2名に言われた内容はこのようなものでした。

S不動産の営業:
・建築条件を外すだけで600万円も値上げを要求するなんて高すぎる。
・せいぜい200万円、高くても300万円が一般的。
・建築条件付きの建物の坪単価が60万円で、ライフラインや地盤改良が別料金というのは高すぎる。通常この費用というのは坪単価の中に含まれているもの。
・R不動産は個人経営だし、一般的にクセのある人が多いとは思う。この女性営業Mの名前は知っていて、強引な営業だと聞いたことがある。
・もし建築条件を外すなら、買うという強い意思表示が必要。

K不動産の営業:
・R不動産は、売主物件を扱う業者。良い評判も悪い評判も聞いたことがない。
・建築条件を外すのは、普通200万円程度。600万円も値上げなんて聞いたことがない。建築条件を外したくないからそんな高額値上げを提示しているのでは?
・言う事がころころ変わる営業さんは不安なので担当を変えてもらってはどうか?
・別の営業にしてもらって、条件を外してもらえないか聞いて値上げ幅の契約交渉をし、それでもダメならその土地は建築条件付きとしてしか売らないのだから諦めるしかない。


・・・両社の営業さん共に、意外と紳士に対応して下さって、最後には、頑張って下さいね、と労いの言葉まで下さって。感謝感謝です。


・・・そしてR不動産の営業とは、5月3日に再度会うことになりました。

続きます。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村

22:17  |  ●土地探し~土地引渡し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010年12月11日(土)

土地探し(おまけ)

先日、土地探し(その1)で、エリア探しの時などにノートに感じた事をメモしていたと書きましたが。

そのノートが、これです↓↓↓

101210_2307~01

もうボロボロ。


エリア探しの時だけじゃなくて、不動産屋さんと会った時の事や、物件を見た感想などもMEMOしていて、HMを検討している今も、使っています。


このノートの裏表紙には、封筒を適当な大きさに切って張り付けています。

こんな。(汚い!)
101210_2308~01

ここには何を入れるかというと、

101210_2309~01

不動産屋さんやHMの名刺入れです。

そうすれば、いつでもどこでも、連絡を取りたい時に連絡先がわかります。

でもいっぱい入れると分厚くなってしまって、メモしづらいので、必要なものだけに・・・。


・・・そして、走り書きの、きったないノートの中身はこれ。

101210_2309+02_new_0000_convert_20101213222625.jpg


だからどうした?って内容になってしまいましたが、おわります。
打ち逃げ。(笑)


にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村

00:25  |  ●土地探し~土地引渡し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010年12月09日(木)

土地探し(その2)

前回の続きです。

2009年秋に一旦土地探しを中断して以来、私はやる気をなくしてしまいまして。
でも、ぼちぼちいくつかの不動産屋さんとはやりとりを続け、常に微弱なアンテナは張っていました。

義理の両親の考えとしては、

働き盛りの30代はマイホームなんてことを考えている暇があるなら仕事をしなさいと。

そんなことを考えているとろくな仕事ができなくなるぞと。

戸建てなんてそんな贅沢は、子供を育て上げて仕事にも余裕ができてからでいいんだと。

家を買うのはいいけど、夫の職場近くの中古マンションにしなさいと。


・・・夫が何を言っても聞く耳を持たず状態で。


なんだかんだ色々とありましたが、年末年始に帰省し、説得しました。
詳細は割愛しますが、なんとか家を購入することだけは承諾してくれました。


・・・そして2010年2月に
土地探し再開!


でもなかなか土地だけで売られている物件はなくて。

そのエリアで条件のいい土地は、だいたい地元の不動産業者が広い土地を買収していて建築条件付き土地として分譲している物件が多いんです。

最初はそれでもいいかなと思っていました。でも建築条件付きはトラブルが多いという噂も聞いたことがあって。当然のことながら、初めての購入なので何がトラブルのもとなのかピンと来なくて。相場として建築条件を外すと土地価格に200万円ぐらいプラスになるようです。
だったら、200万円でもプラスして購入して、タマホームで建てればいいんじゃない?とも考えました。
土地だけの物件も、建築条件付き土地も、建売も考慮に入れながら物件探しを再開しました。


土地探しの条件としては、予算以外に、

1.駅徒歩15分以内
2.35坪以上(小さくてもいいからカースペース1台以外に、お庭が欲しかったので。)
3.低地・埋立地等地盤が良くなさそうなエリアは避ける。



そして今年4月後半、ある不動産屋さんから、建築条件付きだけど、良さそうな物件の案内が来ました。
その不動産屋さんは売り主物件を扱う業者で、建築条件付きの土地を多く販売しているようです。
まだ出たばかりの物件で、広告にも出していないとの事。
土地の広さも50坪強と大きく、そして整形地。古家付きの物件でした。

・・・ただ、私達が予定していた予算よりも300万円高いのです。
でもとても気になったので、見るだけ見てみようということで、夫と共に見学に行きました。

そしたら本当にいい土地のように感じました

このエリアでこの坪数であまり目立った問題もなさそうで整形地、という揃った条件はなかなか見つかりません。

前面道路も5mあって、閑静だし、周囲は数十年たっている家もありますが、数年以内に建った新しい家が多くとても住環境は良さそうでした。

ただ、東側と南側に高さのある宅地があるのでそれが気になりましたが、50坪もあれば採光は十分と言われました。

問題は、土地前面にゴミステーションがあること。

私たちも使うことになるんだし設置されるのは構いません。でも、数年に一度などの持ち回りであればいいけど、このままずっとこの場所だったら嫌だなと思いました。
古家は空き家だけど、占有物がまだ置いてある状況とのこと。でも近々引っ越し作業をするとの事でした。
今まであまりパッとした土地に出会えなかったからか、やっぱりこの広さと環境はとても魅力的で。
心動かされました。本当に気に入ってしまいました。

あと、問題は建築条件付き土地ということです。
この不動産業者はどんな工務店と提携しているのか。
ちゃんとしっかりした家を建ててくれるのか。

施工例も見学する必要もありますし、翌週、その不動産業者仲介のもと、工務店の人に建物の説明を受けました。

建物は2x4工法で、基礎は逆ベタ基礎
私は漠然と2x4はあまり好きではありませんでした。実家が在来工法ということもあり慣れていないし、パネルで支えているから二階の音が一階に響きやすいとも聞いたことがありました。また、もともとは海外で主流の工法なので日本の気候には合っていないという噂も聞いたことがあります。(その辺私は無知なので根拠はわかりませんが。)
逆ベタもよくわかりませんが、同席してくれた私の父曰く、コストを下げる為に(本当かどうかわかりません)、ローコストメーカーでこの基礎を採用しているところもあると言っていました。
なんだかちょっと不安です。
その説明を受けた後、不動産業者の営業に、建築中の建物と完成した建物を見学させてもらいました。

玄関を入ってすぐに感じたこと。

あぁ~、ここにはお願いできない。↓↓↓

そう思いました。

今まで色々建売住宅も見てきたので、少しは新築の建物がどんな仕様なのかは知っていました。でも、サイディングは薄くて釘が目立っているし、全体的になつくりに感じました。建具も安っぽく、内装で使われている棚なんかも、1000円で売っているようなカラーボックスのようでした。

これで、標準坪単価60万円だそうです。
信じられませんでした。

だったら、

建築条件を外して、違う業者にお願いしたい!!!

そう思いました。

この土地を買うかどうか。
不動産業者は、他のお客様も目を付けていて既にローンの事前審査を進めているなどと言ってきて、私達を煽ります。
本当に悩みました。

・・・また長くなってしまいましたので、次回に続きます。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村

22:57  |  ●土地探し~土地引渡し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010年12月08日(水)

土地探し(その1)

今回は、土地探しのことについて書きたいと思います。

土地を始めたのは、2009年の7月頃でした。

今は都内のマンションに在住していますが、夫も私も戸建てで育ったし、マイホームを買うならマンションではなく戸建て(小さなお庭付き♪)だね、とお互いの意志は一致していました。
今住んでいるエリアではお庭付きの戸建てなんて、普通の会社員の私たちでは、どんなに飛び上がっても手の届く額ではありません。(飛び上がるつもりもないし、ローン地獄に陥ってローン返済の為の生活をするつもりもありませんが。。。)

・・・というわけで、まずはエリア選定からスタートしました。

私が中心となって、毎週末のように、どのエリアがいいか、日々電車を乗り継いで、予め調べておいて気になった駅を降りて、街をひとりで歩きました。

そして、駅周辺の写真を撮ったり(これけっこう怪しい人だったと思います。私。)、

住宅街の方まで歩いてウロウロしたり。

歩きながら、地元の人々の雰囲気を感じたり。

ある時は、飛び込みで駅近辺の美容院に入り、カットをしてもらいながら美容師さんにエリア情報を聞いたりもしました。
そこまでやるかっ!と今では思いますが。。。でもすごくマニアックな情報とか地元の人しか知らない情報など色々GETできて有益だったと思います。お陰でその時の私のヘアスタイルは、かなりショートヘアでした

街散策の後、喫茶店に入って、ノートに感じたことをメモで記録しました。
一日にいくつかの駅を調べるので、すぐメモしないと忘れちゃうんです。

街の雰囲気や駅周辺の利便性(遅くまでやっているスーパーマーケットがあるか、保育園はあるか、待機児童は多いエリアか、治安の悪そうな雰囲気ではないか等)、お互いの通勤の便を考えて、まずは23区内を探していました。

今後、子供を授かっても、共働きするつもりなので、エリア選定にあたり、優先されることは通勤の便でした。

・・・しかし私達の手には届かず、あとは考えていたエリアは埋立地(低地)だったり、地盤が緩いエリアだったりしたのでやめました。
建売も考えましたが、だいたい私達が購入できそうなものは土地が狭く3階建て(1Fがビルトインガレージ)でお庭なしだったりすることが多く、やめました。せっかく戸建てなのだから少しはお庭が欲しいよね、お庭なしならマンションに住む方がいいよねぇ~、ということで。(※私たち夫婦の感想です。)

価格を考えながら探していると、だんだんエリアが郊外になり(ちょっとサミシイ)、都内はあきらめることにしました。

あと、エリア情報についてはmixiのコミュニティも活用しました。そのエリアに在住の方々が色々な情報を提供し合っているし、知りたい情報はトピックを立てて質問すれば色々アドバイスをもらうことができ、すぐに情報が入手できたのでとても役に立ちました。

そして遂に!!!

私達の予算におさまりそうで、治安も悪くなさそうで、利便性もばっちり、ただ通勤時間が今の倍かかってしまうけど、駅徒歩圏内で買えそうな、気に入ったエリアを見つけました!

それが自分の足で探し始めて1か月の、2009年8月のことでした。

ビビビッ

と、きちゃったんです。

駅を絞ってからは、もう、その市内の不動産屋さんに片っ端から(というのはオーバーですが)コンタクトを取り、情報収集をしていました。

まずはSUUMOなどのサイトから目ぼしい土地を見つけ、その広告を出している不動産屋さんに詳細問合せ。
そうすると、その土地の資料と一緒に同条件の土地情報も提供してくれます。そこから自分の希望する予算や坪数やエリア等の条件を伝え、新たに探してもらう。このような事を繰り返し行っていました。でも資料だけでは全く分からず実際に自分でその土地に足を運んで初めて難ありな土地であることがわかります。湿地帯であったり、近くに水路があったり、採光が難しい土地だったり。(不動産屋さんはメールや電話ベースでは、なかなか教えてくれません。)
ネットで情報を集めたり実際に見学したり、その頃は張り切ってやっていました。

・・・・・が、しかし。

義理の両親に、戸建て購入を考えていることを報告したところ、大反対されてしまいまして。

土地探しは2009年9月で一旦中断してしまいました。


・・・ちょっと長くなりそうなので、次回に続きます。



ブログにもちょっと慣れてきて、字の太さや大きさや色を変えられるようになってきた今日この頃です。(笑)

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
21:51  |  ●土地探し~土地引渡し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |