2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012年01月29日(日)

着工125日目❤天使のブタちゃん扉

本日は、ひとりで現場に行ってまいりました。
寒かったー。でも現場で頑張る人たちはもっと寒いのだよね。。

今日は、シューズクロークのウェスタン扉が、いい感じにペイントされていました。

以前もご紹介しちゃいましたが、ノーザンさんのマスコットの天使のブタちゃんがデザインされている、これですー。
2012_0129_155348.jpg

ちょっと引いてみます。。。
ブタちゃん向かい合ってて可愛いです~。
2012_0129_142815.jpg
いい感じにエイジング塗装されています♪
ブタと言えばピンク!なので、色はピンクグレーにしてもらいました。

もっと引いてみます。。。

全体像!お・目・見・えっ♪
2012_0129_142806.jpg

まだ続くよー。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

(おまけ)
今日、現場に行ったら、しもばしらがありました。
2012_0129_150800.jpg

ものすごく久し振りに見た、霜柱。
小学生の頃、よく、ざくっざくってフミフミしたなぁーって懐かしくなっちゃって、ものすごいテンション上がっちゃいました。

別に物珍しくない?
2012_0129_150856.jpg

そりゃ、寒いってことですよね。
このマンションに住んで4年、こんなに毎日エアコン使う年、なかったもんな~。
早く春が来て欲しいですね。

インフルも流行っているようなので、しっかり予防!がんばりましょ~♪
スポンサーサイト
21:40  |  窓・ドア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012年01月22日(日)

折れ戸のツマミの位置決めました。

先日の記事、「苦手な折れ戸の使い方教えて下さい。」では色々とアドバイスありがとうございました。

今日、現場に行って、折れ戸の取っ手・ツマミを決めてきました。

我が家の折れ戸はこちらです。パネルが4つ。
2012_0122_140942.jpg

床部分の溝があったらどうしよ~!と心配していましたが、我が家も吊り戸タイプだったので安心しました~。上部にスプリングみたいなのがついていました。
2012_0122_141624.jpg

まず、ハンドルタイプかツマミタイプかについては、これは夫が絶対ツマミだよ~。って言うのでツマミにしました。ハンドルタイプだと、開ける時に手首が変な風に曲がっちゃうらしい。(笑)まぁ、慣れればどちらでもいいのでしょうけれど、我が家は合計4つつけるので、うるさくならないためにも、ツマミタイプにしました。

さてさて、では、開けてみましょう~。
2012_0122_141634.jpg
開けるときは、外側の扉にツマミがあった方が、引っ張って開けやすいって結論に至りました。


2012_0122_141812.jpg
開ける時に関しては、ツマミが内側の扉(上記ブルーの位置)についていると、ツマミを押しながら開けることになり、それはそれでいいのですが、押して開けるより、外側の扉(上記ピンクの位置)から引っ張って開けた方がやりやすそうって程度です。^^;

そして、閉める時。
2012_0122_141812 - コピー
閉める時に関しては、扉の外側(ブルーエリアのどこか)にツマミをつけて、押して閉めるより、トムソーヤさんたちのアドバイスの通り、中心(ピンク部分)にツマミがあった方が、引っ張って閉めやすいという結論に至りました。他の方がおっしゃる通り、普通に扉自体を押して閉めても全く問題ないのだけど、ツマミを使って閉める、より使い勝手を考えたら、やっぱり中心かなぁ~って感じました。

よって、我が家のツマミの位置は、こちらの4か所になりました。
2012_0122_141812 - コピー (2)

ツマミはこれから選びまーす。
ガラスっぽいのか、ゴールド系(ドアノブがゴールド色だから。)になるかな~。

折れ戸のメーカー、素材、仕様によっても異なると思いますので、もしお悩み中の方がいらっしゃいましたら是非一度試してみて下さい☆

先日の記事でアドバイス下さったみなさま、どうもありがとうございました!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
22:58  |  窓・ドア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012年01月17日(火)

着工110日目❤ドア編!天使のブタちゃん登場!

着工110日目シリーズ最後はドア編です!
今まで全部見て下さった粘り強~い方、感謝感謝です。
やっと解放されますね、おめでとうございます!!!(?)

まずは、リビングドアです。ノーザンさんの造作ドアです。
2012_0114_124354.jpg
まだエイジングされていない明るいブルーですが、これからビルダーさんの手によっていい味出してくれることでしょう。ドアノブは、ノーザンショップから選びました。大好きなゴールドです♪リビングは、まんまるノブではなく、開けやすいようにレバータイプにしました。ガラスは4種類ぐらいをランダムに取り付けてもらっています。

ガラスの部分アップ。
2012_0114_124400.jpg


・・・そしてお次は~。1階おトイレのドア。こちらもノーザンさんの造作です。
ドーム天井のところにあるので、色は塗り壁に合わせて白にしました。
これも、3種類のガラスをいれてもらったので、ガラス部分だけ撮りました。
2012_0114_143608.jpg
・・・見えないね。。。。web内覧会ではちゃんと撮ります。(やるならね。汗)
まるい気泡入りガラスや水玉ガラス。まんまるデザインに統一しました。

1階おトイレは既にご紹介した通り、赤いお花達のクロスに、マニーちゃんの照明。なので、思いっきりラブリーにしてやれ!(笑)と思って、ドアノブもマニーちゃんにしました。
2012_0114_124339.jpg

ダイニングの引き戸も赤くペイント♪
2012_0114_132438.jpg

2階の各居室のドアも、ヌリヌリされていました。
2012_0114_131143.jpg

こういうのを見て、現場に来てくれた私の父は、「ずいぶんカラフルだね」と、あきれかえったような、苦笑いのような、微妙な顔をしていました。外壁だって、「これで終わりじゃないよね?このあとちゃんと綺麗に塗るんだよね?」とか言ってたし。デコの頃、悩んでいたオメガのアクロティーク仕上げも反対していた両親ですから、仕方ありません。でも以前それを記事にした時に、色々励まして下さったみなさんのコメントで、私の心は強くなったのですよ♪


さてお次は・・・。ぶたちゃんは最後に取っておいて、玄関ドア!
先日の記事で、ちらっと見えちゃったと思いますが。。。
遂に、玄関ドアのガラスも、アイアン面格子も取り付けられました。光って見えない!
2012_0114_124034.jpg

これは、2011年9月の記事、「やってみたいこと。」と、12月の記事、「玄関ドアのひ・み・つ♪」でもお伝えしましたが、アイアンの中心に、シアトルでデザイナーをやっている私の友人が作ってくれた、私たちのロゴを入れました。
ドアもアイアンもノーザンさんの造作です。ロゴの文字部分を忠実に再現してくれました。

ロゴあっぷ。
2012_0114_140824.jpg

小さいし、知ってる人じゃなきゃわかんないよ!と言われていたし、玄関ドアのアイアンワークでできる一番小さなサイズにしてくれるということで、やっとこさ、夫の了解を得ましたが・・・・・。意外とデカかった!
(※でも直径10cmくらいって初めから言われていました。^^)
これは私もびっくりしちゃって、思わず夫の顔を見て笑うしかありませんでした。
作品としては本当に素敵です~!夫も、見慣れれば良さをわかってくれることでしょう。^^

さてーーー!最後は、玄関のウェスタンなシューズクロークの扉。
先日の記事に、エッチングって記載しちゃったけど、改めてビルダーさんに聞いたところ、
サンドブラストというものだそうです。

サンドブラストとは、サンド(砂)とブラスト(突風)でガラスなどを削る機械で、微細な砂にコンプレッサーで圧力をかけてガラス表面を削ることだそうです。(ネットの受け売りです。^^;)
デザイン部分以外のところをマスキングし、表面を削ると、マスキングしていない部分だけが彫刻される、って仕組み。現物を見て、ガラスアートでもよく見かけるものだ~!って思いました。とっても興味があったので、youtubeでも作り方をじっくり見ちゃった。面白かったけど、やっぱり貼ったり吹いたり手間がかかりますね。

ではでは、前置き長くなりましたが。
暗くて見づらいですが、こちらです。
2012_0114_124507.jpg

あくまでも、天使のぶたさんという私の希望を見捨てず頑張ってくれたビルダーさんの、愛情こもった作品ですよね。割らないように、気をつけます。

というわけで、110日目シリーズやっと終了!
みなさんも、わたしも?、おつかれさまでしたー!(笑)

そうこうしているうちに、また次の週末がやってくるよー!^^;

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
22:51  |  窓・ドア  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2012年01月15日(日)

苦手な折れ戸の使い方教えて下さい。

今、取っ手やツマミを選んでいるところなのですが、以前より悩ましいことがありまして。

タイトル通りなのですが、私、折れ戸が苦手です。
育った実家には折れ戸がなく、あまり使った経験がなかったというのもあるかもしれませんが、今住んでいるマンションには、折れ戸の物入れがあるのです。
ご参考までに、思い切って載せます。
120115_1717~01
古いマンションなのでもともと収納がこれと押入れしかありません。本当に不便です。

苦手っていうのは、つまり使い勝手がよくなくて。

・小さなツマミでは開閉が難しい。力の入れ具合が微妙。
・下の溝の部分にホコリがたまってしまう。
 (これはお掃除すればいいんですが。)
・物をたくさん収納すると、開ける時に物がひっかかって扉が開けづらい。
 (いかに普段いい加減に物を突っ込んでいるかよくわかりますね。汗)

デコさんでも収納ではよく折れ戸が使用されますが、デコさんを検討している時に行ったモデルハウスで、ちょっとしたハプニングがありました。折れ戸を開こうとしたら、扉のスプリングの部分が壊れて開かなくなっていました。他でもいくつか折れ戸の開閉を試してみたものの、やっぱり輸入の折れ戸は使いづらい。そう感じました。(※デコさんの商品がというわけではなく、一般的に折れ戸が使いづらいと言う事です。)

一方で、私の実家の物入れはダイケン製の折れ戸でした。何度も試しましたが、開閉はスムースで使いやすかったです。やっぱり性能からすれば日本メーカーの方が格段に優れていると思います。ただ、観音開きや片開きの扉と比べると・・・使いづらいと思いました。

開閉する時、観音開きの扉の方が折れ戸よりも通路側のスペースを取ってしまうけど、あまり関係ないし。全開した時、折れ戸の方が、片方の空間の自由度が増すけど、あまり重要ではなさそう。

そういうわけで、我が家の物入れは全部観音開きにしてもらいました。扉も、折れ戸と観音開き扉の価格差は殆どないっていうことだったので。

ただ、子供部屋は別。幅が90cmではなく、もっと広いので、観音開きにするには開口が大きすぎる。。。従って、唯一子供部屋のクローゼットだけは、折れ戸にすることにしました。
2011_1224_140121.jpg
こちらです。(これは昨年末の画像なのでまだクロス貼ってません。)

板は4枚になるはずです。
そうすると、ツマミはどこに取り付けるのが、一番開閉しやすいの?
ツマミがいいの?取っ手(ハンドルタイプ)がいいの?

文章だとわかりづらいと思うので、昨年オープンハウスで見せて頂いたりたさん邸のクローゼットの取っ手部分を掲載させて下さい。(めっちゃ素敵な扉ですー!)

こちらは取っ手タイプで、両端に取り付けられています。
2011_1218_135317.jpg

こちらはツマミタイプで、外側の中心部分(説明が難しいな~)に取り付けられています。
2011_1218_135710.jpg

どういうものをどの場所につければいいのか・・・。

親ビンさんアドバイスは、通常は(りたさん邸のように)山の部分にひとつずつだけれど、両パネルの山の部分につければ、マシではないかと。つまり、見た目では観音扉が2枚並ぶ感じ。(←これとてもわかりやすい例えでした。)見た目もそれぞれシンメトリーでバランスもいい!と。

(親ビンさん、こういうことですよね!?)

なるほどーーー!これの方が開閉便利かも!と思って夫に話してみると・・・。う~ん。と。
普通は内側の山の近くなんじゃない~?と。外側って使う?と。

じゃぁ、ハンドルタイプの取っ手か、ツマミか、物理学的に、ナントカ力学的に、どうなの?なんて無茶な質問をしてみたら、ツマミだと、スッと開閉できるけど、ハンドルタイプだと、手首が変な風によじれちゃうよ、と、わざわざ実演してくれました。理系出身のくせに、それっぽい話は一切聞けませんでした。ちっ!

そういうわけで、4枚の折れ戸をお使いの方いらしたら、どんな取っ手・ツマミが使いやすいのか、アドバイス頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
23:35  |  窓・ドア  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2012年01月14日(土)

シューズクロークのぶたさん仕様変更。

以前のブログでは、シューズクロークのウエスタンみたいなパタパタ扉は、ビルダーさんのマスコット、天使のぶたさんをくり抜いてもらう事になっていました。
以前の記事は、こちら⇒「シューズクロークの扉は、天使のブタさん。」

それが、先月、現場打合せの際に、親びんシスターズより、ぶたさんのお鼻やしっぽが細かすぎてくり抜けないと言われてしまったのです。(T.T)
実際に工場でやってみたけど折れちゃったり取れちゃったり。
聞いた時は残念だったけど、それよりも、私のわがまま、ちゃんと試してみてくれたんだ~(T.T)という思いの方が強くありました。

・・・そういうわけで、ぶたさんのくり抜きは、断念することになりました。

そこで、親びんシスターズのご提案。
ぶたさんをくり抜くのは、採光を得るためですよね?だったら、エッチングガラスみたいに、ガラスにぶたさん柄を入れるのではどうでしょう?と。(エッチングガラスじゃなくて、えーと、えーと。なんか専門的な事を言っていたけどもちろん私が覚えているはずもなく。)
ガラスであれば、採光も望める。

オーバーではなく、本当に、施主(というか私)の気持ちを理解してくれて、代案を提案してくれるプロ集団だなって思ったし、感激しました。

私も職業柄、物を売る仕事をしていますが(ま、フツーのOLなんですが。)、こんな提案力皆無。
私だったら、代案を出すにしても、ぶたさんはあきらめてもらって、もっと簡単なくり抜きの形を提案するだろうなって思いました。ひし形とかまんまるとかのくり抜き。
でも、このビルダーさんは、あくまで、私が希望していた天使のぶたさんは変えずに、手法の変更を提案してくれたんです。

たくさんある扉のうちの、たった十数センチ角の、ちっちゃなことだけど、感動屋な私は、こういう細かいところまで施主側に立った提案をしてくれるビルダーさんに心から感動しちゃったのでした。

最近改めて思うけれど、やっぱり経験や実績によって培われた提案力って本当に大事なことだし、ビルダーさん自身ものづくりが好きだからこそ施主を満足させられるって思いました。

親びんレポートによると、この扉、遂に搬入されたみたいです。
明日は天使のぶたさんに会えるかしら?

まだ見ぬ扉。うまくできあがっていますように~。

ところで、あのぶたさんは、なんていう名前なんだろうか?

久々に、文字だけのつぶやきブログでした~。

明日は現場打合せ。しゃちょさんもいらっしゃいます。
がんばって写真パチパチレポートしちゃうのでよかったらまた遊びに来て下さい。
↓よかったら、ぽちっとパワーくださーい。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
00:57  |  窓・ドア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。